個人輸入のED治療薬は要注意、要警戒の理由について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

増大系の対策を考える中で、選択肢として浮上する中の一つがED治療薬です。
薬ですから、当然のことですが即効性があります。
僕も利用経験があるのですが、初めて飲んだ時の衝撃は凄いです(笑)

ただ、このED治療薬は値段が高いという欠点があります。
そのため、海外製のED治療薬を個人輸入販売するサイトから購入される方が未だに多いと聞きます。
実際そういうサイトの運営が続いていることからも、購入者がいることは間違いないです。

ですが、個人輸入のED治療薬は要注意ということをご存知でしょうか。

この記事ではその理由などについて詳しくご紹介します。

個人輸入のED治療薬は危ない!

一言でいうならば、個人輸入のED治療薬は危ないからです。
値段が安いという魅力があるのは分かりますが、それ以上にリスクが大きいです。
ですから、当ブログとしては購入は避けることをおすすめします。
もう少し具体的に理由を挙げると、、、

偽物のED治療薬である可能性があるから

これに尽きます。
単に偽物で摂取しても無意味なのであれば、まだマシです。
それだけじゃなく、健康被害がある可能性も高いのです。

偽物なんて何を混ぜて作っているかわかったもんじゃないです。
また製造工場についても、日本ほど体制が整っているはずがありません。
偽物なんですから、不衛生な工場でテキトーに作られている可能性が大です。

毎日摂取することを考慮しても、そのような物を飲むリスクは避けるべきだと思います。

話を盛っているつもりはないです。
煽る意図も無いです。
シンプルに、これは実際に調査結果としても出ていることなんです。

国内の製薬メーカーが、ED治療薬を個人輸入販売するサイトから海外のED治療薬を購入して調査したそうです。
その抜き打ち調査の結果、実に4割近くが偽物だという結果が判明したとのこと。
2回目の調査ですから、未だに高いですよね。
(以前は半数以上だったという記事を見かけました)

万一を考慮しても、これだけは避けるべきだと思います。
もしED治療薬を使うならば、国内の商品を使いましょう。
今はバイアグラに関しては、ジェネリックが登場して多少安くなりました。

薬剤の量も選べますし、半分に割って摂取するということも可能です。
そうやって使うことで、費用の面は以前よりも押さえることが可能だと思います。

まとめ

個人輸入販売されているED治療薬は、偽物の可能性も高いです。
健康被害の可能性もありますから、ED治療薬は安心の国内製造を選ぶことをおすすめします。

副作用などを気にされるなら、増大サプリメントを使ってみるのも◎です。
当ブログでも増大サプリメントをご紹介していますから、もし興味があるようでしたらトップページもご覧下さい。

短小が嫌ならサイズアップに挑戦だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。